So-net無料ブログ作成
検索選択

スゴ録帰還! [家電]

一昨日の話になりますが、
修理に出していたスゴ録RDZ-D900Aが帰ってきた。

月曜日に集荷されて、金曜日に受け取り。
向こうからの修理内容確認電話に出そびれてロスした分を考えると、もしかすると最短で木曜日着だったのかもしれない。
北海道からという事もあるので、正直丸1週間以上を覚悟してたんだけどね。
ソニーの修理の人GJ。

”ジージーカンカン、ジージーカンカン”とか聞き覚えのある嫌な音を立てて録画失敗したりとかして、
あーこりゃ確実にHDDだなぁとか思いつつ修理を依頼。
案の定修理内容はHDD交換でした。

てっきり壊れたHDDは向こうでいい感じに処分してくれるんだと思ってたら、
梱包箱の底に交換したものと思われるHDDの袋に入れて貼り付けてありました。

で、その袋を見ると……
HITACHI HDP725050GLA380 500GB!?
ちなみに交換元のHDDは SEAGATE ST3400833AS 400GB。
さぁテンションが上がってまいりました。

配線もろもろを済ませて電源を入れ、各種設定を済ませ、颯爽とHDD残量を確認。

(´・ω・`)

……ですよねー。
製品仕様が変わるような修理する訳ないですよねー。
前と変わらず400G……。華麗なるぬか喜び。

ふぅ。

ちなみにファームも特に書き換えられてませんでしたよ。

しかし、この数日で痛感。
もうアナログには戻れません。
修理中はTOSHIBA RD-H1で急場をしのいでいた訳なのですが、
ドラマとかはもうなんだか味気無くてね……
(どこまでSD製作を続けるのかを自らネタにするタモリ倶楽部はさておきw)

今回の修理費用。
修理費と送料合わせて¥21210ナリ。チーン。

だから、2月の出費が…… orz
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。